HOME > 製品紹介ゼオライト 蒸留膜分離装置

ゼオライト 蒸留膜分離装置

 

この装置は桐山製高性能蒸留塔とゼオライトの膜分離装置を合わせた桐山独自の脱水装置でこの装置を使い、溶液中の水分をほぼ完全に脱水することが出来ます。
標準的な装置から連続蒸留や省スペースなど、用途により試作いたします。

主に各種実験に使われた溶媒中の水分の脱水による再利用、バイオエタノールの脱水など、溶媒の脱水は近年注目が集まっています。

製品一覧へ

  ゼオライト
 
 

主な用途

 
1つの使い方としては、バイオエタノールの脱水です。蒸留塔だけでは共沸という現象によりエタノール濃度が95重量%以上純度を上げることが不可能です。このままでは例えば自動車の燃料に使用するとわずかな水分がエンジンを傷め使用することができません。
そのため、水の分子のみと取る微細な孔を持つゼオライトを使うと、水のみを取り除くことが出来て限りなく100%に近い純度のエタノールを得ることができます。

用途はそれだけではなく、各大学、企業研究室においては、実験で使用した溶媒中の水分を脱水、再利用することにより、溶媒の廃棄処理の費用の軽減、また環境への負担を削減することができます。
近年、大学、企業共に環境への配慮が一般化しており、社会全体の地球環境問題に対する取り組みが今後ますます強まると思われます。
 
  btn_arr■ 桐山 バイオエタノール・IPA類脱水精製装置  
 
 
 
電子カタログへ   お問い合わせ・資料請求へ